Windows98データをWindows8.1に移行

os_win98

Windows98のノートパソコンの住所録ソフトのデーターを新しく買ったWindows8.1のノートパソコンに移行して欲しいとの依頼を請け負ったのですが、これが、結構やっかいでした。

古いノートパソコンのデーターをUSBメモリーにコピーして、新しいノートパソコン側で、住所録ソフトを立ち上げデーターをインポートすればいいと、高をくくっていたのですが、

あれれその1
  古いノートパソコンがUSBメモリーを認識しない。ドライバーが入ったシステムディスクが必要!
あれれその2
  Windows98が入ったCD-ROMがどこにあるかわからない!
あれれその3
  Windows98の時代のノートパソコンなので、通信がダイヤルアップップの電話のモジュラージャックだけ!

で、一旦諦めましたが、ダメ元で古いノートパソコンを持ち帰り、ハードディスクを引っこ抜き、我が家にあるハードディスクケースにさされば、データーが取れるかもと思い、持ち帰らせれもらいました。でも、この古いノートパソコンのハードディスクは、たぶんIDE形式なので、おそらく無理だろうなぁと思いつつ。

持ち帰り、簡単に開けられる裏蓋を明けてみましたが、開けられる所からではハードディスクにアクセスできないことが分かり、断念!
とほほ。

随分前に処分してしまった記憶があったのですが、我が家にWindows98のシステムディスクがないかと探してみましたが、やはり無く。。。。

で、Windows98をネット上からダウンロードしようとしましたが、これもダメそう。

「windows98 usb 汎用ドライバ」でググってみるとありました。
vectorの記事にありました。古いノートパソコンがWindows98のFirst EditionかSecond Editionかを確認して、最終到達ページがこちら の Version 3.3 Japanese !!

これを、ダウンロードして、CD-ROMに焼き、古いノートパソコンにCD-ROMをセットして、exeファイルを実行してやり、再起動してみました。これで、ひょっとしてUSBを認識してくれるのかなと期待して、お客さんに電話して再び訪問して、お客さんが持っているUSBメモリーを差して、ドライバーのインストールをしてやると、見事認識してくれました。(私の持っているUSBメモリーは容量が大きすぎて、ダメでした。)

そこからは、簡単にデータのコピーをして、新しい住所録ソフト「筆王」の使い方が分からないというので、私も初めて使うソフトでしたが、少しご指導してご満足いただけました。

めでたくミッションコンプリート!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください